FC2ブログ
2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 03

指南の話

 【22//2017】

マゾヒストの皆様。貴女は携帯電話のEメールを利用していますか?

最近はスマートフォンが主流なので、EメールよりもLINEの様なSNSを利用している方が大半を占めているのではないでしょうか。

実際、僕も携帯電話のEメールは広告メールか迷惑メールくらいしか来ないし、ほぼ使わない機能となっています。

届いたメールは一応目を通しますが、9割以上がどうでもいいメールなんですよねぇ…。

ただですね。たまに笑わせてくれる迷惑メールが来たりするんですが、今日はどうやら当たり日みたいで、笑えるのがあったのでご紹介したいと思います。

~その1~
ガラシャ様よりメールが到着しております。
件名
ちんちんを観察させてくれませんか?

~その②~
菫様よりメールが到着しております。
件名
既に性奴隷がいても構いません。私もなります。



喜んで!!


…というか、メールが到着って日本語、なんかおかしくないですかねぇ。
届くとか受信ならわかるんですが、Eメールが到着するって日本語、なんだか違和感があるっていうか。

翻訳したらそうなった感が強いので、きっと日本人じゃないんだろうなぁなんて。

迷惑メールもあの手この手でサイトに誘導しようとしてきますが…もうちょっと惹かれる内容にならないものですかねえ。


え!?ちんちん観察させてほしいの!?サイト行ったろ!URLポチー
なんて絶対ならないと思うんですが…。
どんだけ経験無い童貞狙いなんだよと…。

でも毎日の様に迷惑メールが届きますが、女性向けっぽいのって皆無なんですよね。
男ってエロでバカで騙しやすいんだろうなあ…。


男がエロでバカついでに、気になったニュースの話でも。

女性の肛門に液体注入で中毒死、懲役16年


はじめに、亡くなられた女性のご冥福をお祈りします。

この事件は2011年に起きた事件らしいんですが…。
大震災が発生した年に何してんだよと…。

この男、女性にアルコールを浣腸して死なせたらしいんです。

まあ、判決理由だけを見ると、腑に落ちない点もあるんですが…。

男は、女性の自宅で注射器を使用し、女性の承諾を得ずに液体(アルコール)を肛門に注入したらしいんですが…。
正直言うと、状況的に承諾していないという事はさすがに無いと思うんですが…。

亡くなられた女性の尊厳を考えれば、当然の判決理由かなとも思います。

ただ、この男ははっきり申し上げてバカとしか言いようがありませんね。
ちゃんとした知識も無く、アルコールを浣腸し、挙句死なせてしまったんですから。

腸の吸収力は身体随一です。座薬がそれを物語っています。

おそらく、アルコール注入後に暫く我慢させたんだと思うんですよね。
注入してすぐに排出させていれば助かった命かもしれません。

知識の無い浣腸は恐ろしいものなんですよ。
注入する液体も、注入量も知識が必要という事です。

アルコール浣腸は絶対にダメ!

これは覚えておいて下さいね。

あと、体温以上のお湯も厳禁です。
せいぜい40℃までにしておいた方がいいと思います。
腸は粘膜なので、皮膚と違い耐久温度が低いので危険です。

AVとかで観る、牛乳なんかも本当は良くないんですけどね。
吸収云々よりも、残留した牛乳が腸内で腐敗してしまうので。

牛乳浣腸後は、ぬるま湯による洗腸が必須ですよ。


…結局、浣腸指南になっちゃった。

この事件の男、現在53歳って事は事件当時は47歳くらいですかね。
亡くなった女性は当時21歳だったそうなので、26歳差か…。

うらやまけしからん話です(怒)

ただ、この2人は出会い系サイトで知り合った事で、悲劇が生まれてしまったそうです。

出会い系サイトを利用される場合は、相手をきちんと見定める様に心掛けて下さいね。

僕もちんちんを観察されたいところですが、ここはグッと堪えたいと思いますです。はい。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

Category: 独り言

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

プロフィール

ナイア

Author:ナイア
Sex:♂
Age:Around40
Add:東北最大都市

お問い合わせは
sm_joker@excite.co.jp
までお願いします。

最新トラックバック

IP検索

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

外部リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR